住居時間 SMILETIME

事業紹介

素敵な出会いをつくること。
それが仕事のスタートです。

事業紹介

私たちの仕事は、お客様のもとを訪れ、出会い、
お客様の人生の一部に関わることができる
やりがいのある仕事です。
今日も素敵な出会いをつくるために
全力を尽くしています。

お客様へリフォームをご案内し
“スマイル”を作る
「リフォームアドバイザー」です。

before

after

一生でいちばん高い買い物であり、誰もが大切にする住宅。人生を共にする住宅に長い間安心して住んでいただくため、外壁を中心としたスマイルタイムのリフォームサービスをご案内することが主な仕事です。住宅にまつわる困りごとをすべて解決する「リフォームアドバイザー」として、お客様のお困りごとを解決し“スマイル”を作り続けています。

私たちが得意とするのは、おうちを
守り続ける外壁リフォーム
「アルミサイディング×カバー工法」です。

before

before

after

after

代表的な外壁リフォーム工法である外壁塗装では、外壁塗装の塗膜が紫外線や雨水等の影響で劣化するため、リフォーム後10年たたないうちに、また次のリフォームを検討する必要が出てきます。スマイルタイムでは、紫外線や雨水などから30年以上、基本性能を保ち続けるポテンシャルを持つアルミサイディングを用いたカバー工法で、お客様の生活の要である住宅を守り続けています。

営業所

全国に“スマイル”を広げる
住居時間ネットワーク。

営業所

Column

リフォーム業界は
これからますます伸びる
成長市場です。

リフォーム必要物件は増加の一途

国内の築年代別住宅数
国内の築年代別住宅数

現在、国内の総住宅数はおよそ6,240万戸。
そのうちリフォームの対象となる築10年以上の住宅は、約4,100万戸と言われています。
ところが、実際にリフォームをおこなった住宅数はわずかに200万戸程度!
近年の人口減少による空き家問題やテレワークの推進からも、
住宅リフォームの必要性はますます高まっていくことが予想されます。

出展:総務省『平成30年住宅・土地統計調査』

日本はまだまだリフォーム後進国!?

  • 滅失住宅の平均築後年数
    滅失住宅の平均築後年数

    出展:国土交通省『令和3年度 住宅経済関連データ』

  • 住宅投資に占めるリフォームの割合
    住宅投資に占めるリフォームの割合

    出展:経済産業省『経済産業省における住宅関連施策の動向』
    令和元年5月

日本では住宅の減失(解体等により失われること)までにかかる年数は欧米の半分以下。
せっかく建てた住宅が、30年を待たず減失しているのが現状です。
もちろん気候や、それに応じた建材の違いも原因のひとつでしょう。
しかしリフォームへの意識の違いも、こうした結果に大きな影響を及ぼしています。
本来、物を大切にする「モッタイナイ」の心を持つ私たち日本人、
住宅についても、もっともっと、できることがあるのではないでしょうか?

住宅建設のエキスパート「大工」は減っている

住宅建設のエキスパート「大工」は減っている

今後ますます必要とされる住宅のリフォーム。
ところが、そのエキスパートである「大工」の人口は現在、20年前の半分に。
また49歳以下の人口は20年前の1/3と、高齢化も進んでいます。
安心して暮らせる家づくりのための技術者が今、ひろく世の中から求められています。

出典:総務省『労働力調査』・ ヒューマンタッチ総研2020/10/22